So-net無料ブログ作成
検索選択
アマゾンのカード ブログトップ

「Amazon MasterCard」が新発行に [アマゾンのカード]

三井住友カードから「Amazon MasterCard」が新規に発行開始されましたね。

アマゾンとの提携クレジットカードで、
アマゾンでのショッピングにはポイント還元率は1.5%となっています。

アマゾン以外でショッピングした場合は1%です。

気になるカード年会費は初年度は無料、
次の年からは1350円となるけれど、
年に1回のカード利用があれば無料になるそうです。

アマゾンのクレジットカードとして、
前回までジャックスのリーダーズカードをご紹介してきましたが、
「Amazon MasterCard」とどちらが得かというと、

ポイント還元率を見る限りにおいては
リーダーズカードが1.8%で、
「Amazon MasterCard」が1.5%なので
リーダーズカードの方が得ということになります。

ただし、年会費に注目してみると、
「Amazon MasterCard」は初年度無料で
次の年は1350円、でも前年度に1回のカード利用があれば
次の年も年会費無料です。

一方、ジャックスリーダーズカードは、
初年度は年会費が無料、
次の年は2625円で、前年度のカード利用が50万円以上で
次の年も無料です。

ということは、クレジットカードの利用が年間50万円以上になる方は
ジャックスリーダーズカードを選べばいいけれど、
それほど使わないという方は「Amazon MasterCard」を選べば良いということになりそうですね。

ちなみに、年間50万円以上のカード利用うというのは、
アマゾン以外でのカードショッピングも含めてですので
1ヶ月に4万2千円以上のクレジットカード利用があれば50万円を超えるということになります。

電子マネーへのチャージ分も含まれますので、
案外月に4万2千円のカード利用はそれほどハードルが高くないという方も多いかもしれませんね。

タグ:Amazon アマゾ

ジャックス・リーダーズカードのポイント利用 [アマゾンのカード]

ジャックス・リーダーズカード [アマゾンのカード]は、
ポイント還元率がいいということを以前書きましたが、
貯まったポイントの使い方について今回は書きたいと思います。

ジャックス・リーダーズカードで貯まったポイントは、
基本的にクレジットカードの利用代金に充てるという仕組みです。

ジャックスカードはポイントをクレジットカード利用代金に充てる
『Jデポ』というサービスがせあるのですが、
リーダーズカードの場合は、このJデポの他に
アマゾン限定デポジットもあります。

この2つのどちらかのデポジットに変えて使うことになります。

Jデポは3500ポイント → 3500円分のデポですが、
アマゾン限定デポは3500ポイント → 4000円分となっているので、
アマゾン限定デポへ変えて使う方がお得なんです。

リーダーズカードを持つ方はもともとアマゾンのユーザーでしょうから、
アマゾンでの買い物が多い月の請求月にポイントをアマゾン限定デポに変えて充てるといいです。

ジャックス・リーダーズカードの海外旅行保険 [アマゾンのカード]

アマゾンでの買い物時は最大2.3%ものポイント還元があるということで、
アマゾンユーザーに人気のクレジットカード「ジャックス・リーダーズカード」ですが、
付帯保険として海外旅行傷害保険がついていることも人気の理由です。

死亡・後遺障害最高2000万円の海外旅行傷害保険で、
海外旅行の際に保険として最も利用する機会が多い傷害・疾病治療費用が最大200万円となっていて、
保険期間も90日なので、
この保険だけで充分と言えるスペックです。

自動付帯ですので、旅行代金をクレジットカードで支払う必要もなく、
旅行の際に特に手続きをしなくても保険が適用されます。

海外旅行へ出かける機会が多い方は、
その都度海外旅行保険へ加入する必要がなくなるのでお得です。

また、国内旅行傷害保険も付帯しているのですが、
こちらは『利用付帯』となっていますので、
旅行代金をジャックス・リーダーズカードで支払った場合に適用となります。

ジャックスカードはカード会員向けに、
旅行会社と提携して旅行商品の割引も提供していますので、
国内旅行の際はカード会員向け割引でツアー商品などを購入すれば
ポイントも貯まり国内旅行保険も適用されます。

ジャックス・リーダーズカード 電子マネーチャージ [アマゾンのカード]

ジャックス・リーダーズカード [アマゾンのカード]は、
モバイルSuica」と「スマートICOCA」へのチャージ分にも、
1.5%還元でポイントが付きます。

「1000円ごとに15ポイント」付きます。

999円以下分については切り捨てになりますので、
チャージするときは1000円単位でチャージすると良いです。

普段、通勤や通学に「モバイルSuica」や「スマートICOCA」を使っている方で、
アマゾンでのショッピング機会が多い方は
チャージ用のクレジットカードとしてジャックスリーダーズ使い、
貯めたポイントをアマゾンでの買い物代金に充てるといいです。

クレジットカードの多くはポイント還元率が0.5%ですし、
1%以上なら高還元率カードと言われる中、
1.5%の還元率のジャックスリーダーズカードはかなりお得と言えます。

年間のクレジットカード利用額が大きい方は、
ポイント還元率が0.5%か1.5%ではかなり大きな違いがあります。

ジャックス・リーダーズカード [アマゾンのカード]

ネットショッピングをされる方で、
楽天市場の次にユーザーか多いのはアマゾンですよね。

アマゾンは独自ではクレジットカードを発行していませんが、
ジャックスカードと提携して「ジャックス・リーダーズカード」という
クレジットカードを発行しています。

このジャックス・リーダーズカードは、
なんと基本のポイント還元率は1.5%、
そしてアマゾンでの買い物分には最大で2.3%ものポイントが付くのです。

ですので、アマゾンで買い物をする機会が多い方は、
楽天市場ユーザーが楽天カードを持つように
この「ジャックス・リーダーズカード」を持っているとお得です。

ただ、年会費が2,625円(税込)というのが、ちょっと難点と言えば難点ですかね。

一応、カード入会初年度は年会費無料で、
次の年から2,625円(税込)になります。

でも、年間のカード利用額が50万円以上だと
次の年も年会費無料になります。

年間で50万円以上はクレジットカードで使うという方で、
アマゾンでの買い物が多い方は検討してみて良いクレジットカードですは。

この「ジャックス・リーダーズカード」については、
次回からも順次その特徴について書いていきます。

アマゾンのカード ブログトップ